03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

Agenda

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

 

新芽がぐんぐん伸び、葉っぱの色もどんどん濃くなり
蕾もいっぱい見えてきた薔薇の開花は楽しみだけど、
今一番の楽しみは、すずらんの開花です。

     a1938.jpg

すずらんの日まで、あと1週間。
綺麗に咲いてくれるといいのですが。

今日はとても良いお天気で、
友人と一緒にアフタヌーンティーを楽しんできました。

以前もブログの記事にしたことがある、
270度オーシャンビューの、「LA SUITE KOBE OCEANS GARDEN」

     a1939.jpg

目の前を船がゆっくり横切って行くシーンは
何とも優雅な気分にさせてくれます。
この船は、ルミナス神戸2で、日本最大級の豪華レストランシップだそう。
乗ったことはありませんが・・・

     a1940.jpg

テラスでもお食事はできますが、
紫外線がNGのお年頃ですから、怖くてできませんでした。

アフタヌーンティーのメニューは、
神戸港、開港150年を記念したメニューで、
和洋折衷のお料理がお重で出てきます。
味は可もなく不可もなく、
料金はロケーション代かな?って感じです。

 a1941.jpg

旧居留地までぶらぶら歩いていきました。

     a1942.jpg

この辺に大好きなカフェダイニングバーがあったのですが、
3月の末に閉店になってしまいました。
神戸の方はよくご存知だった「 E.H BANK」
英国のチャータード銀行をリノベートした特別な歴史を持つカフェでした。
たくさんの思い出があったから、とても残念で仕方ありません。

     a1943.jpg




[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

すずらん 

私の住んでいる街に、
オーナーが海外で買い付けてこられた素敵な小物や手芸雑貨のショップがあります。
アンティークやヴィンテージの商品もあり、
店内に置いてある小さな家具など、私の好みのものばかり。
パリのメルスリーの様なショップです。

     a1911.jpg

オーナーが作られたリネンのポーチです。
リネンという素材がすずらんの素朴さにピッタリで即決でした。
内側の色は、ちょっとくすんだ黄色。
ミモザイエローという色だそうです。
わかりにくいけど、すずらんの花の先にはビーズが縫い付けられています。

     a1931.jpg

5月1日のミュゲの日にはまだ早いけど、
すずらんの花を購入しました。

     a1930.jpg

かごの持ち手に飾っているリボンもこのショップで購入しました。
やはりリネンのリボンです。
小さな花をリボンにつけました。

     a1928.jpg

すずらん、ほんとうにかわいい。

     a1924.jpg

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

 

今週から講義が始まります。
私の今一番の悩みは、通学の服です。
いったい何着ていこうか・・・・

同年代の女性の集まりだとこんなに悩むことはないのですが・・・

スーツなんか着ていくのはおかしいし、
といって、ブリブリブリっ子の服なんて着て行ったら、
例のタイで捕まった62歳の日本人女性の様になってしまうだろうし、

まあ絶対に言えることは、誰も私の事は見てないってこと。

4月最後の新商品のご紹介です。
シュガーシフタースプーンのご紹介です。

     a1934.jpg

現代のフルーツは砂糖をふりかける必要がないほどどれも甘いですが、
昔のフルーツは今ほど甘くなく、
このシュガーシフタースプーンを使ってお砂糖をかけて召し上がっていたんですね。

ケーキの装飾などに、
粉糖やココアなどをかけるのに使ってもいいかと思います。

     a1935.jpg

持ち手はツイストハンドルと
ピアス細工が施されています。

     a1936.jpg

ボウル部分のピアス細工です。
茶こしの方が細かくて、実用的かもしれません。

長さが13.5㎝と大きなサイズではありませんので、
女性にしては手が大きい私が使っても全然絵になりませんが、
華奢な手の方が、このシュガーシフタースプーンをお使い頂くと、
何とも優雅な雰囲気を醸し出すと思うのですが・・・

     a1937.jpg

ピンクの粉はストロベリーシュガーです。
苺の味がします。
苺の香りもします。
色々なお砂糖があるんですね。

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

 

神戸の桜はあともう少しで満開になります。
昨日撮った写真です。
まだ蕾のものがいっぱいありました。

     a1916.jpg

この週末が一番の見ごろとなるでしょう。

従妹が遊びに来ました。
なにか可愛らしいスイーツを・・・と思い、
イースターのケーキを買ってきました。

     a1917.jpg

ホワイトチョコムースのケーキです。
直径は10㎝なのでジャスト4人分。
少し物足りないってくらいが、食べ過ぎなくてちょうどいいんですよね。

アップはこんな感じ。

     a1919.jpg

上から見たらこんな感じ。

     a1918.jpg

イースターってなんだかあまり馴染みがなく、
子供っぽくて興味はなかったのですが、
まんまとお菓子業界の商戦に引っかかってしまいました。

ケーキの向こうでは、
お2人の女性がアフタヌーンティーを楽しんでいるようです。
恋バナでもしているのでしょうか?

     a1920.jpg

久しぶりにショップに掲載いたします。

    a1921.jpg

     a1922.jpg

4月になり新しい環境で、新生活を始められた方、いっぱいいらっしゃる事と思います。
ブログで少しだけ触れましたが、
私も新しい生活がはじまります。
この春から大学に通う事になりました。
来週から講義がはじまります。
聴講生という制度があるのをご存知でしょうか?
各大学によって制度はまちまちで、
選考方法もそれぞれですが、
許可されれば、大学生と一緒に講義を受けることが出来ます。

もちろん仕事をしながらの通学になるので、
仕事に支障ない範囲内で、
前期は少しの履修登録しかしておりません。

10代の頃の私は親のお金で通わせてもらっていたのに、
さぼる事ばかり考えて、勉強なんか全然しない学生でした。
今度は自分で働いたお金で通うのですから、
目標は皆勤です。
かなり緊張しております。

ショップの方は今後、
更新が滞るかもしれません。

フィギュリンはショップに掲載しております。
どうぞご覧下さい。

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

 

桜がほころび始め、
あちらこちらから桜の便りが届いております。

我が家の庭で、
つぼみが随分膨らんで、もう咲きそうになっている薔薇を発見しました。
早すぎですね。
桜も薔薇もあわてないで、ゆっくりと咲いてほしいです。

     a1909.jpg

桜ではなく、すみれの商品のご紹介です。
すみれと言えば、ハマースレイのヴィクトリアンバイオレットが有名ですよね。
英国製の陶磁器は薔薇ほどではありませんが、
すみれをモチーフにしたアイテムがたくさんあります。

     a1903.jpg

私のカップボードに入っているすみれです。
C&Sはエインズレイの現行品です。
ソーサーの紫が気に入ってます。
プレートは、ハマースレイのヴィンテージ品。
トリオとして使ってますが違和感全然ありません。

今回ショップでご紹介の商品は、ハマースレイのミニコンポートです。

     a1904.jpg

プレート面にはすみれがたくさん咲いています。

     a1905.jpg

ミニコンポートですが、
大きめのマカロンなら4個余裕で置けます。

     a1906.jpg

もう1点すみれではありませんが、
紫のパンジーのプレートもご紹介中です。
ミニプレートですが、良い状態です。

     a1907.jpg





[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

コールポートのフィギュリン 

先週、京都に行ってきました。
まだ春と呼ぶには寒い日で、
桜のシーズン前という事もあり観光客は少なく
どこに行ってもゆったりとした空気が流れていました。

仕事を辞めたら、1~2年京都で暮らしたいという夢があり、
これは夢で終わるのではなく、絶対実現したいと思っております。

     a1902.jpg

京都で買ってきた和菓子です。
「桜だより」と「桜の袖」
以前は和菓子って全く興味なかったんだけど。
年でしょうか・・・
和菓子は芸術ですね。

先日英国より届いた段ボール。
中を開けると、

     a1680.jpg

     a1682.jpg

海外の人の梱包にはよく驚かされる事が多いので、
少々の事ではあまり動じないのですが、
この梱包には大笑いしてしまいました。
卵パックを使う梱包は海外の人はよくしております。
日本では10個入りのパックが主流ですが、
米国などでは20個入りくらいの発泡スチロールのパックがあり、
それにプレートをサンドイッチの様に挟んで届いたこともありました。
中に包まれていたのは、こちらのマダムでした。

     a1899.jpg

ショップに掲載しておりますので、ご覧下さい。
そして手前のフィギュリンも掲載しております。
以前ご紹介したことがあるフィギュリンです。
前回掲載後、お客さまよりリクエストを頂いておりました。
届きました旨、3つのアドレスからご連絡いたしましたが、
2週間待ってもお返事を頂けず、ショップに掲載することに致しました。

ポンパドール夫人より数が少なくレアな商品です。

     a1900.jpg

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

 

昨日のホワイトデーに頂いたブーケです。
女性からです。

     a1893.jpg

もうじき退職するスタッフのFさんから、
お世話になったからって、バレンタインにチョコも差し上げてないのに、
こんな素敵なブーケを頂いてしまいました、
いつも助けてもらったのは私の方です。
ご主人の転勤のため転居されます。
寂しくなります。

春は、出会いと別れの季節ですね。
「学ぶのに遅いという事はないし、年齢も関係ない」って
迷っている私の背中を思いっきり押してくれた人がいて、
私も4月から、新しい生活がはじまります。

新商品のご紹介です。
カトラリー類をご紹介しようと思っておりますが、
相変わらず銀器の撮影が難しく、滞っております。
綺麗に撮れましたら、ショップに掲載いたします。

     a1895.jpg

サービングスプーンです。
ボウル部分にピアス細工が施され、
リボンとユリ(?だと思いますが)のエングレービングがあり、
真中にはハートがあります。

     a1896.jpg

持ち手が長いので、お料理の取分けに便利そうです。
同じデザインで2本ありますので、
1本づつの販売になります。

     a1898.jpg

こちらは、デザートスプーンです。
ジャムスプーンかもしれません。

2本ありますが、こちらは2本セットでの販売を考えております。

     a1897.jpg





[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

桃の節句 

月並みな言い方ですが、
本当に1月、2月はあっという間に過ぎて、もう3月です。
昨日あわててお雛様を出しました。

     a1887.jpg

我が家のお雛様は、京都の職人さんが作られた京雛です。
京雛では向かって右がお内裏さま、関東雛では向かって左がお内裏さまです。

京雛の位置は、御所における玉座の位置(左を上位、右を下位)の考えと同じだそうです。
左が上位なので、向かって右がお内裏さまになりますね。
昔ですからかなり男尊女卑の考えですよね。

     a1886.jpg

ピンクのデザインも可愛らしいけど、
私はジャスパーはやっぱりピンクよりブルーが好きです。

新商品のご紹介です。

     a1891.jpg

プレートと花瓶です。
それぞれのポートレート、どなたでしょうか・・・
デュ・バリー夫人とポンパドール夫人です。
お2人ともルイ15世の公妾だった方々です。

     a1888.jpg


     a1890.jpg

     a1892.jpg


     a1889.jpg

今回の商品は、購入時かなり迷った商品です。
デザインやコンディションは申し分ない状態でしたが、
価格がかなり予算オーバーでした。

準備ができましたらショップに掲載いたします。
素敵な商品なので、画像だけでもご覧くださいね。
よろしくお願いいたします。



[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

SAVON LE CHAT  

2月22日は猫の日でした。
本当は22日当日にこのブログを更新したかったのですが、無理でした・・・
探してみたけど、私は猫モチーフの物ってほとんど持ってませんでした。

     a1881.jpg


本日のブログのタイトル「SAVON LE CHAT 」
フランス語ですが、猫の石鹸という意味です。

     a1871.jpg

これはマルセイユにあった『C. Ferrier & Cie, Marseille 』というお店の、
SAVON LE CHATの注文書です。
つまり、石鹸の注文書です。

     a1873.jpg


もうかなり前にこの注文書をコラージュしたものを見つけ、
とても素敵だったので、
私が額縁屋さんに額装をお願いいたしました。


     a1872.jpg

昔の注文書や納品書ってこんな素敵なデザインのものがたくさんあります。
筆記体の流れるような手書きの文字。
今ではあまりお目にかかれないような文字ですね。

この注文書は1906年6月19日の日付が記載されています。
アンティークですね。

a1880.jpg

     a1875.jpg

     a1882.jpg

     a1884.jpg

     a1885.jpg

気に入って額装したものですが、
額縁屋さんから持ち帰ったまま、一度も飾ることなく今日まで来てしまいました。
ショップでの販売を考えております。
アンティークがお好きで猫好きの方、いらっしゃるでしょうか・・・

古びた感じの額縁ですが、アンティーク風の現行品で、
マットは画像では真っ白に見えますが、実際はアイボリーです。
マットのカット面には面金加工をして頂きました。

     a1877.jpg

     a1876.jpg

裏面は緑で、壁に欠けるための器具もついております。

     a1878.jpg

安全性を考えて、表面カバーは、
ガラスではなくアクリルにしております。
額縁の大きさは、約47㎝×約40.5㎝
注文書はアンティークですが、コラージュされたのは現代です。
自分の家に飾るつもりで、額装を注文したのが7年ほど前です。
実は額縁屋さんから届いて、一度も飾ることなく届いたままの状態で保管しておりました。
注文書は画像より黄ばんだ色で
4つに折り畳んだ折り皺の跡があります。

昨年の年末から思うところがあり色々なモノを断捨離しており、
猫がお好きで、アンティークがお好きな方、
この作品をもし気に入って下さる方があれば販売したいと思いご紹介しております。
売約済になりました

先日のショップの更新では、小さな銀器ばかりでしたが、
色々なデザインのカトラリーをご紹介いたしました。
ご覧下さった方々、ご購入下さった方々、
ありがとうございました。

ebayでフランスのアイスクリームスプーンを見つけました。
久々にときめいたデザインでしたが、
スプーンの長さが11.9㎝しかありません。
ティースプーンではこの長さはよくありますが、
アイスクリームやデザートを召し上がるには、やはりどう考えてもちょっと小さすぎますよね。
使うたびにストレスがかかります。
価格も決して安くはありませんでしたので、思いとどまりました。
なかなか、100%満足なものには巡り会いません。

9.jpg

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

カトラリー いろいろ 

小さな銀器、カトラリーをいろいろご紹介いたします。

     a1862.jpg

a1863.jpg

①ピアス細工のスプーン6本組
オリジナルのケースつきです。
ケースがなぜか開けにくいという難点がございます。
コツをつかめば、できるのですが・・・
スプーンにダメージはありません。

      a1864.jpg

②ジャムスプーン2本とバターナイフ1本
ジャムスプーン1本とバターナイフは以前ご紹介したことがあるものと同じデザインです。

     a1865.jpg

左側のジャムスプーンは「Mappin & Webb」のもので、
大原千晴さんの本でも紹介されていますが、
珍しいデザインではなく、
英国の市場でも、多く流通しております。

     a1866.jpg

③白蝶貝の持ち手のナイフ&フォークのセットです。
各1本づつの組み合わせで、6セットございます。

     a1867.jpg

エングレービングのないシンプルなデザインですが、
持ち手の白蝶貝には彫刻がされております。
つやつやした白色で、シルバー部分の傷もあまりなく、
綺麗な状態です。
ナイフのブレードにエングレービングなどの装飾がないので、
物足りなさを感じる方が多いかもしれませんね。
しかし、銀の厚みもあり、上質なカトラリーだと思います。
ご検討頂けたら嬉しく思います。
ナイフの形は、先端が丸くなっており、
パラレルシェイプとかラウンド型とか言われているようです。
古い時代のものは、この形が多いようです。
この商品は、1894年のものです。

     a1868.jpg

④フルーツスプーンです。
おなじものが2本ございます。

     a1858.jpg

ピアス細工が大変美しいスプーンです。
このスプーンも大原千晴さんの本に同じものが掲載されております。

     a1855.jpg

P35をご覧ください。
工房が同じで、製造年は1年違いです。
何だかうれしくなってしまいます。

     a1860.jpg

     a1859.jpg

ピアス細工は、フラワーモチーフになっております。
長さは17㎝ほどですが、
ボウル部分が大きく、ずっしりした重さがあるので、
とても存在感のあるスプーンです。
同じものが2本、
状態に差はございません。
1本づつの販売になります。

⑤最後はナイフレストです。
かなり前に海外のショップから購入したもので、
その際の商品の説明のメールがどこかにいってしまい、
商品の詳細が不明です。
確か、ベルギーの商品でスターリングシルバーという説明でした。
ホールマークは2つありますが、よくわからず不明です。
ドイツ銀の様な感じがあります。
ダメージはありませんが、黒ずみがところどころ見られます。
それも含めて、訳ありという事をご了解いただける方の購入をお願いいたします。


     a1857.jpg

     a1869.jpg

     a1870.jpg

準備ができましたらショップに掲載します。

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

プレート いろいろ 

国もデザインも全くばらばらのプレート3つをショップでご紹介しております。

     a1853.jpg


ティファニーのリボンモチーフのプレートは今まで何度かご紹介してきましたが、
今回は1枚しか見つからず、
1枚のみ米国から送ってもらったので、
何と商品代金より送料の方が高くなってしまいました。
今までご紹介してきた中で、価格も一番高くなってしまいました。
すみません。

天使のプレートは、ドレスデンの数多くあった工房の中の、
「Donath & Co」のものです。
カールティーメのあの華やかなデザインとは全然違い
とても愛らしいデザインになっております。
アンティークの時代の商品になります。

そして私の今回の一押しは、
オールドノリタケのキャビネットプレートです。

      a1854.jpg

英国向けに輸出された商品で、バックスタンプから、
1902年から1908年の頃の商品です。
日本が欧米に追いつけ追い越せと頑張っていた頃の心意気が、
十分感じられるような、オールドノリタケらしいプレートです。
豪華な金彩金盛 欧米に負けてはいなかったと思います。

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

MAJANI × FIAT  

今年のバレンタインに自分のために買ったチョコは「MAJANI 」。
MAJANIはイタリア最古のチョコレートメーカーで、
毎年 FIAT のミニカーとのコラボでご存知の方たくさんいらっしゃると思います。

     a1844.jpg

私、実はミニカーがとても好きで、
何年か前にもこのチョコ買ったんですが、
親戚のかわいい男の子が遊びに来た時にFIATを持って帰ってしまい、
また欲しいなあって思っておりました。

     a1848.jpg

チョコレートもすごく美味しいんですよ。
ミニカーは今年は黒のオープンルーフFIAT500を選びました。

     a1846.jpg

トミカのミニカーも持っていますが、
トワイニングのミニカーはイギリスのお土産です。

     a1845.jpg

少しだけ写っているブルーの車は、
以前私が乗っていたスバルのレガシィです。
ブルーではなくシルバーだったのですが、
10年以上一度も故障することなく快適に走ってくれました。
すごいよ!日本車。

新商品のご紹介です。
2005年にワイルドストロベリー誕生40年を記念して製作されストロベリーゴールドというシリーズがありました。
19世紀初頭の絵柄の復刻版で、もう今は販売されていないのでしょうか・・
C&Sが定価で36750円という高額でした。
19世紀初頭の当時のものは今でもウェッジウッドミュージアムに保管されているそうです。

今回ご紹介の商品は、それよりも後に、
と言っても100年ほど前に製造された商品です。

     a1847.jpg

バックスタンプから1910年代に製造された商品になります。

     a1849.jpg

「ポートランドの壷」がバックスタンプに使われるようになったのは1878年以降で、
その後壺の下にENGLAND」と記されるようになったのは1891年が最初で、
「ENGLAND」 「MADE IN ENGLAND」が記されるようになったのは1910年以降だそう。

          printed_marks_1900s.jpg

2005年に発売されたシリーズは↓こちらです。

          stg501091.jpg


19世紀初頭のモデルは見たことないのですが、
2005年に発売されたものと比べると、今回ご紹介の商品の方がすっと凝ったデザインになっております。
ケーキプレートの形がとても可愛く
ティーカップの中にもたくさんいちごが描かれております。
トリオが2セット。
1セットづつの販売予定です。

     a1850.jpg

状態も100年ほどたっているとは思えないような
綺麗な状態です。
ショップの画像ですが、金彩が綺麗に写せず、黒っぽく見えますが、
綺麗な金色です。
いちごのスイーツと一緒に撮影してみました。
少し早い春を感じて頂けたら嬉しいです。

     a1851.jpg

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

 

毎年思いますが、
立春を過ぎてから、冬の寒さがぐっと厳しくなるように感じます。
明日から関西も雪マークが並んでおります。

以前、天使と女神のビスクをこのブログで記事に致しました。
なかなか飾る場所が決まらずしまいこんでおりましたが、
この度、ちょっと大きめのガラスドームを購入してその中に入れて飾る事に致しました。

     a1843.jpg

アンティークやビンテージのガラスドームは結構高いのですが、
これは現行品です。
しかも少し傷アリという事で、格安にて購入できました。
天使の絵柄の紙箱と祈祷書を一緒に入れています。
ドームの中なので埃の心配がなく安心です。

ショップの更新が滞っております。
最近は日が長くなってきておりますが、
帰宅後の室内での撮影はちょっと無理で、
先日もまたテラスで撮影しておりましたが、
あまりの寒さに手が震え商品を落としそうになってしまいました。

全然更新がないと皆様に忘れ去られてしまいそうなので、
個々の詳細の画像はまだありませんが、
次回更新予定の商品をご紹介致します。

     a1839.jpg

何度かご紹介したことがあるロイヤルドルトンです。
このシリーズ いつもそうですが、
すごく良い状態のものはほとんど出会えません。

今回私自身も初めて出会った、ティーポットとコーヒーポット。
申し訳ありませんが、以前からリクエストを頂戴しておりました方へ販売済みです。
欠けやひびはなかったのですが貫入が全体的に入っており、
あまり状態は良くなかったのですが、
飾るだけの目的の為という事でご購入下さいました。

トリオ 2セット
C&S 1セット
シュガー入れ 1個
以上の販売になります。

この週末に何とか間に合えば・・・と思っております。

   a1840.jpg

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△

 

今日はとっても寒い一日でしたね。
電車の中から見た六甲山の山々は真っ白でした。

今日は知り合いの方の告別式があり、
友人と参列してきました。
出棺を見送る時、霊柩車がクラクションを鳴らすと同時くらいに、
たくさんの雪が舞いました。
その偶然に、私も含めて、参列された方々みなさん、
不謹慎だとは思いましたがちょっと微笑んでおられました。

帰りに友人とスタバに寄りました。
季節限定の「チョコラティ バナナ ココ」を注文。
コーヒーではなくココアで、
チョコレートとバナナという王道の組み合わせ。

タリーズのスノーマンラテより甘くなく、美味しかったです。
友人がバッグにぶらさげてたスタバのデモデと一緒に。
黄色いつぶつぶのトッピングは、バナナケーキだそうです。

     a1837.jpg

最近、大人買いしているのがバナナとシナモンとチョコのお菓子
バナナチップスにシナモン味のチョコがコーティングされています。

a1838.jpg
結構カロリー高いのですが、食べ始めたら止まらない美味しさです。
毎年バレンタインが近くなるこの時期、
いつもはみかけないような海外のブランドのチョコレートが色々と登場し、
結構楽しみなのですが、
実は私、こういう安いお菓子の方が好きだったりします。

先日友人から
「ebayでとってもかわいいプレート見つけたんだけどう思う?」というメールがあり、
携帯で見てみると、

$_57VUBIOJ4U-1.jpg

こんなキュートなプレートが出品されてました。
英国のスポード社のプレートでした。
ヤフオクでいえば即決価格だけで出品されていたのですが、
タイミング悪かったですね。
ちょうどメールもらったのが電車の中で、
帰宅後忘れてしまって、結局自宅のパソコンで見たのがかなり経ってから。
どなたかに落札された後でした・・・・

で落札価格が、10枚で$259だったからびっくりです。
送料を考えても破格の値段です。

ebayは当たりはずれがありますが、
たまにこういう掘り出しものがあるのでおもしろいですよね。

[edit]

未分類  /  trackback --  /  comment --

page top△